夜明けの街で 東野圭吾

Tags: ,

夜明けの街で (角川文庫)

そういえば東野圭吾の本を読んだ事がなかった。本屋に行くと、すごい数の著書が並んでいる。よくもまあこんなにかけるものだと関心さえするほど。

さて、この本は自分が愛した女性、しかも不倫相手が殺人犯人かもしれないという不安に怯えながらも、愛した女性を信じたいという男の苦悩を描いたミステリ。

私は、この本を読んでいる間ずっとあまり良い気持ちではなかった。妻、子供がありながら、妻とは別の女性を愛してしまった男。妻に密会がばれない様に気に病みながらも会い続ける男。その気持ちが中心に描かれている。読みながら何故か罪悪感が襲ってくる。

ある意味その心理描写がリアルで東野圭吾のすごいところなのだろう。ただ、なんとなくミステリではなく、不倫小説を読んでいる様な気分になった。でもせっかくなので、機会があったら東野圭吾のこの描写力が活かされた別の本を読んでみようかと思う。

  1. No Comments

Spam Protection by WP-SpamFree