煮込みハンバーグ

もう数週間前の話ですが、息子がアデノウイルスにかかり(いわゆるブール熱というやつ)酷い熱にやられていました。発病から数日経って、やっと熱も治まり食欲が増してきたのか、何が食べたいか尋ねると、なんとハンバーグが食べたいと言い出しました。

こんないきさつでハンバーグを作ることになったのですが、せっかくなのでいつもと違うハンバーグを作ろうと、煮込みハンバーグにしてみました。

【材料】
◎ハンバーグ
合挽肉 350g
タマネギ 1個
パン粉 1カップ
牛乳 半カップ
卵 1個
ナツメグ 小1/2
シナモン 小1/2
塩 小1/2

◎ソース
マッシュルーム 1パック
ブナしめじ 1パック
バター 30g
塩 小1/2
コショウ 好み
カットトマト 1缶
生クリーム 100cc
水 150cc

【作り方】
1) フライパンでタマネギを軽く透き通るまで炒める。粗熱をとったら冷蔵庫に入れて冷やしておく。

2) ボウルにパン粉と牛乳を入れて馴染ませる。最低でも15分くらい。

3) 冷蔵庫から1)のタマネギを取り出し、合挽き肉と残りの材料(卵、ナツメグ、シナモン、塩)と2)のボウル入れて粘りが出るまで混ぜ合わせる。

4) タネに粘り気が出たら、タネをとり両手でキャッチボールをするようにして中の空気を抜く。形は平べったくではなく、ラグビーボールのような形が良い。

5) パテがへばりつかないように表面に軽く油をひいた容器に、成形したパテをおく。

6) パテができたら、ソースを作る。まず、バター30gでマッシュルームとブナしめじをしんなりするまで炒める。塩小さじ1/2とコショウはこの段階で入れる。

7) 炒めたフライパンにカットトマト1缶と水150ccを入れて煮込む。キノコ類を炒めたときの焦げをそぐようにして煮込み、ぐつぐつと煮立ってきたら、生クリーム100ccを入れ、塩(分量外)で味を調える。

8) ソースを作ったフライパンとは別に、レミパンみたいなそこが深いフライパンを用意し、それに多めに油をいれ中火でよく熱して油を馴染ませる。

9) 油が馴染んだら余分な油を捨てて、容器に置いていたパテをフライパンに入れてそのまま強火で焼き、パテの両面に焦げ目をつける。

10) 7のソースを、パテの入ったフライパンに入れて10分ほど煮込む。

11) ハンバーグを取り出して皿に盛る。ハンバーグは煮込みすぎると中身のうまみがソースに出きってしまうので、程よく煮込んだところでやめるのが重要。

12) フライパンに残ったソースは、また底をそぐようにソースを混ぜて、味見をして塩コショウで調えたうえで、皿にもったハンバーグにかけて完成。

キノコもたっぷりで味もまろやか。今回の煮込みハンバーグ、嫁さまと息子から絶賛。超まいうーです。たまにはこういうハンバーグもいいですな。

2 Responses to “煮込みハンバーグ”


  1. masa

    パパ~♪の掛け声も元気良く(笑)
    元気になってたね♪

    あちきもパパに料理作ってもらいたい(爆)

  2. Teramo

    はい~、この間お会いしたときには元気になってました~♪

    >あちきもパパに料理作ってもらいたい(爆)
    うっ・・・
    写真で、ご堪能くださいm(_ _)m

Spam Protection by WP-SpamFree