とんかつ くらや

こんな所にとんかつ屋があるんだ・・・というような、駅からは遠く、一応バス通りながら大通りから入ってきたところにあるお店。でも、お店の造りは一工夫してあり、古民家風で雰囲気は良いです。以前から気になっていたので、今回、思い切って行ってみました。

玄関を入ると下駄箱があり、そこで靴を脱ぐ。カウンターらしきものがあるが、お客さまもいるようだし何かいろいろとおいてあるので、一人でも机の大きな座敷の方に座る。ホントは、腰を痛めてるので、足下が掘っていない座敷よりは、カウンターに座りたかったのですが・・・。

メニューを見ると、大きく定食と一品料理にわかれています。他のお店であるような、ランチメニューはないようでした。そこで、今回オーダーしたのは、厚切りロース定食、1,900円。待たされること10数分。少し中に赤身が残った厚切りのとんかつが出てきました。

ここの豚は、もち豚とのこと。食べる際にソースではなく、塩を使ったら美味しいと書いてあったので、その食べ方で食べることにしました。ソースで食べる場合はソースを別皿に入れて食べるように書いてあるのですが、そのソース皿もお店の人にお願いしないと出てこないらしい。ということで、はじめは塩で食べ、隙間が出来たらそこにソースを垂らして食べるという戦法をとることにしました。

一口目は、せっかくなので中程の赤身が残っているものから食べることにする。意外と固く、しっかりと噛み応えがあるとんかつが好きな人にはお勧めの固さ。ころもも、サクサクという感じではなく、少し固めの仕上がりでぼりぼりという食感じ。食べた感がすごく感じられるとんかつ、という印象です。

ちょっと残念だったのが、塩をかけて素材の味を楽しむように食べてみたのですが、あまり豚肉の甘みは感じられなかったこと。正直、普通の分厚いとんかつという感じでした。

とんかつ以外についてですが、味噌汁はすごく美味しかったです。ご飯については、箸で持ってがっつり固まっている感じ。私個人的にはとんかつ屋さんのご飯は、つやつやの立っているごはんというイメージですが。

関連ランキング:とんかつ | 梶が谷駅宮崎台駅武蔵新城駅

  1. No Comments

Spam Protection by WP-SpamFree