March, 2009 のアーカイブ

水草水槽 1週間目

2009/03/28の水槽

先週、水草水槽のリセットをして、1週間が経過しました。

今日は1/3の換水をしました。それに加え、コケが多少発生しているため、ヤマトヌマエビを30匹投入。

それ以外に、今回はエスペイを20匹と、アヌビアス・ナナを流木にくくりつけました。

先週は、液肥の投入も行っていましたが、コケが発生しはじめたので、しばらく投入はやめようかと思います。

続きを読む

結局GX200ではなくLX3を購入しました

LX3

RICOHのGX200と、PanasonicのLUMIX LX3、最後まで悩み続けていましたが、ついに決定しました。

購入したのは、LUMIX LX3です。その決め手は、レンズの明るさですね。

昨日届いて、あまりまだ使い込んでいないので、評価しづらいところもあるのですが、今のところ満足です。

夜に手持ちで撮影しても、こんな写真が撮れてしまう。

なんか、楽しそうです♪

続きを読む

道路の写真

今日、道を歩いていてふと思った。普段見ない道路の表面というのは、意外と表情豊かで面白いのではないかと。

そこで、さっそく写真を撮ってみました。

続きを読む

iPhoneのカメラ機能

iPhoneのカメラ機能の評判はかなり悪いです。焦点も合わせにくいし、何より手ぶれ補正がついていないので、撮った写真はブレまくる。確かに標準のままでは使い辛いです。ブログの写真に使う程度と思っても辛い出来です。このカメラ機能の評判はiPhoneのデメリットとして認知され、iPhoneの購入を躊躇させる要因になってるようです。

しかし、本当にそんなにひどいのか?せっかくなのでカメラ機能について考えてみました。
まず、撮りたい写真のレベルと言うと、現像したくなるほど綺麗な写真じゃなくてもいい。その機能はデジタルカメラに任せればよいので。だから、せめてブログで使えるレベルの写真がとれれば文句はないと思う。
すると、手ぶれがひどいとなると、それは機能的に致命的であるのは確かです。でも、手ぶれを減らすことができればこの点に関してはかなり改善されます。その方法としては、カメラアプリの導入が一番よい。実は、カメラ機能に対する不満は多いせいか、カメラアプリはたくさんリリースされています。そうなると、カメラの定番アプリとなると、機能的にも優れたものが結構あります。

これらのアプリから私が選んだのが、Darkroomというアプリ。このアプリは、iPhoneに搭載されている、モーションキャプチャー機能を使って手のブレを検知し、ブレがなくなるまでシャッターを待つというアプリです。ブレがなくなるまで写真が撮られないと云うことは、タイムラグが大きいという欠点があるものの、止まっているものを撮るにはよい機能だと思われます。このアプリは名前の通り、夜の撮影、つまり、光が少なくシャッタースピードが落ちた状態でも写真が撮れるようにするためのアプリなので、手ぶれ対策としては最適なアプリと言えるでしょう。

ということで、元々、携帯電話についているカメラの機能はそんなによくないので、このアプリを入れることで撮影の幅が広がり、一気に優位に立つと言ってもよいでしょう。つまり、ぶれやすい標準機能で撮影したり、このDarkroomを使って手ぶれのない写真を撮ったりと、幅の広い撮影を楽しむことができるようになります。

そして、このアプリ以外に写真加工アプリを入れることによって、撮れる写真の幅はさらに広がります。
私は、写真加工アプリとしてCameraKitというアプリを気にいって使っています。このアプリは、iPhoneで撮った写真を、白黒やセピアに変換したり、ソフトフォーカスなどのエフェクトを加えたりすることができます。ちょっとトイカメラのような効果を持たせた撮影も可能になります。

よって、この2つのアプリをつかうことで、iPhoneで撮れる写真の幅が大きく広がりました。とうぜん、iPhoneのカメラでも、十分私の目的を満足する写真を撮ることが可能ということになります。

綺麗な写真 ⇒ コンデジかデジ一を使ってしっかり撮影
思いつきの簡単な写真 ⇒ iPhodのカメラで十分

いやぁ、やっぱりiPhoneっておもしろいですな。デフォルトの機能では、普通の携帯に劣ってしまう点が多いが、アプリでカスタマイズしていくと、どんどん使い勝手が良くなりますな。

最後に、今回紹介したアプリは下記から入手することが可能です。

Darkroom 無料! Darkroom (formerly Steadycam)
CameraKit 230円 CameraKit

続きを読む

初めての整体

今日は使い切れていない有給休暇を少しでも消化しようと休暇を取得(これでも大量に有給を捨てることになるのですが???)。そこで、今日は朝からWBCを観戦して午後はセンター南まできてます。

センター南での第一の目的は、整体。おとといから肩こりによる頭痛がひどくなり何とかしたかったので、意を決して生まれて初めての整体を受けに行きました。

いやあ、気持ち良かったですわ。一時間があっという間でした。しかし、整体師さんもびっくりするくらい、肩がこっていたようです。おかげで、今はスッキリしています。

整体に行った後は、せっかくセンター南まで来たので、ふらふらと。昼ご飯に、鶴と亀で、大きなメンチカツ定食(感想は???まぁ、いいでしょう)を食べて、TALLY’Sでまったり。iPoneでこの記事書いてみたりしています。

さて、子供のお迎えまであと一時間半くらいあるので、もう少しまったりタイムをたのしむかなぁ。

続きを読む

水草水槽のリセット

水槽のリセット

とうとう、水槽のリセットを敢行しました。この90cm水槽は底床としてソイルを使っていたのですが、年月の経過とともにソイルが潰れ水が濁りやすくなったのと、水草に付いていたのかスネイル(トランペットスネイル?)が大繁殖してしまい見苦しかったというのがリセット敢行の主な理由です。このように、スネイルの駆除というのも一つの目的になっているので、フィルターの濾材も全取っ替え。つまり、本当は水の立ち上げも早いので以前の濾材を残したかったのですが、濾材にスネイルが入り込んでいるからしょうがない。ほんとに全リセットとなってしまいました。

ということで、時間がかかるのでこの3連休を使ってリセットをしました。まずは、今までのソイルを水槽から取り出す。これが大仕事。全部取り出すのに数時間かかりました。そして念入りにガラス面を磨いて、水もすべて取り出す。そして、新しいソイルの投入。新ソイルは、以前と同様アマゾニアを使いました。90cm水槽なので、9kg×3袋と大量。とはいえ、運ぶのが大変なだけで、水槽に入れるのはあっさり。気持ちよーく、ソイルを流し込む。そして、前から後ろにかけて傾斜をつけて奥行き感を出す。

あとは、石と流木を設置してレイアウトの基本ベースを作成。完成したら、2日かけて水草を投入。前のレイアウトから取っておいた、グリーンロタラとロタラインディカを後景に植える。そして、エキノドルス・ホレマリィ・レッドも後ろに持って行き、残ったニムファ・ミクランサとタイガー・ロータス(だったと思う?)の球根を2つと葉だけのものを植えてみる。

これらの水草に加えて、新しい水草も導入。後景に、ミリオフィラム・エラティノイデスとニードルリーフ・ルドヴィジア。流木沿いの中景にブリクサ・ショートリーフ、前景にはグロッソスティグマ・エラティノイデスを田植えのように植えてみました。

時間はかかりそうですが、今回はいい感じでレイアウトができそうです。

一応、水草のまとめ。書いておかないと、忘れちゃうんだよね(笑

◎前景
グロッソスティグマ・エラティノイデス

◎中景
ブリクサ・ショートリーフ
ニムファ・ミクランサ
タイガー・ロータス(?)

◎後景
グリーンロタラ
ロタラインディカ
ミリオフィラム・エラティノイデス
ニードルリーフ・ルドヴィジア

続きを読む

WordPress for iPhone

WordPress for iPhoneというアプリがアップデートされました。
今までのバージョンでは、ブログの登録をしようとした時点で、アプリがシャットダウン。使うことさえできませんでした。
今度のバージョンでは無事に登録ができました。ブログの閲覧も大丈夫。あとは記事の投稿。しかも、画像付きで。
これで大丈夫であれば、iPhoneから画像付きの投稿ができるようになる。
画像の投稿ができなかったら、WPのプラグインとの違いがなくなる。
なので、このアプリに期待。ということで、さっそくこのアプリで投稿してみます。
どうなることやら。

WordPress 無料!WordPress

続きを読む

WordCamp Tokyo 2009

WordCamp Tokyo 2009

申し込んじゃいました♪

意外と、こういうイベント好きなんですよね。滅多に見ることができない人の話が聞けたり(今回は、WordPress 創始者 Matt Mullenweg 氏)、いろいろと興味深いセミナーがあったり♪

今回はどんな話が聞けるかなぁ。たのしみ♪

続きを読む

MD NOTEBOOK

MD NOTEBOOK

以前から、システム手帳や手持ちの小さなノート以外に、メモ用のノートが欲しいと思っていました。最近になって、さすがにノートがなくて困ってきたので、丸善までノートを探しに行ってきました。

そこで選んできたのが、このミドリの『MD NOTEBOOK』です。このノートは、2008年グッドデザイン賞を獲得したもの。書くことの品質にこだわった日本製のノート。そのこだわりとは・・・

  1. フラットに開く「糸がかり製本」
  2. 使い始めるとわかる便利な罫線
  3. ノスタルジックなパラフィン紙
  4. スピンとインデックスシール

とのこと。私が欲しかったノートは、自由度が高く使える罫線がない無地のノート。なので、上記こだわりの2は該当しないのですが、1と3は重要。開いたときに書きやすいことと、紙の質が見てもわかるくらい良いものが欲しいと思っていました。そして、ノートの表紙や背表紙にデザインがないのも気に入ったポイント。

実際に購入してみて、思った通り使いやすいノートでした。値段は決して安くないですが、それだけ払っても良いと思うくらい良いノートです。お気に入りの一品を見つけました♪

楽天でMD NOTEBOOKを調べる

※ちなみに購入したのはA5の無罫ノートです。

続きを読む

スタバのドーナッツ

シュガードーナツ

以前、友人とドーナッツの話になったときに、スタバのドーナッツが美味しいという話を聞いていたので、食べてみました。選んだのは、『シュガードーナッツ』。一番オーソドックスで美味しそうだったので♪

で、感想ですが、味は確かに美味しいのですが、生地が固めですね。まるでパンみたい。甘みは控えめでさっぱりとしていて好みのあんばいです。

私はふわふわ生地のさっくりドーナッツが好きなので、ちょっとこの生地がちょっと苦手。甘みの感じが好みなだけに残念でした。

次はどこのドーナッツを食べてみようかなぁ。

続きを読む

体がぼろぼろです(泣

今日は、アメフトの練習に初参加。最近トレーニングをはじめたとはいえ、まともに体を動かすことができるか不安。

そして、その不安が見事に的中。練習前半にやった、ラダーを使った走り込みの間に両ももに異変が・・・。

見事に両ももがつりました。ふくらはぎがつるのは、ほとんど癖みたいになっているのである意味なれていますが、ももがつるとは・・・しかも、両方・・・(泣)。

そして、あたりではポイントがずれて、右肩に以前の怪我を思い出すような痛みが走る・・・。おいおい・・・。

まぁ、右肩についてはしょうがないのかなぁ。18年経っても治らんものは治らん。医者にも、治らんと言われてたし。

週一回の練習であれば、何とか継続できるかな。

とはいえ、一番の問題は太ももの筋肉痛。練習中からこんなに痛くなってしまうと、練習も最後までまともにできなくなる。

ハンドオフ練習やパス練習で走れなくなったら意味ないし。

今後の筋トレ、スクワットも追加だな。まずは、回復が第一だけどね。アミノバイタルでアミノ酸を補充しとかねば。

続きを読む

ふるーいヘルメット

ヘルメット

今日、久しぶりに渋谷のQBクラブというフットボール用品店に行ってきました。目的は、スパイクの購入と、メットの交換用の金具を購入するため。実際、QBクラブに行くのは学生の時以来なので18年ぶり。さすがに18年も経つとアメフト用品も変わってますなぁ。びっくりでした。

時間もあまりなかったので、格安のスパイクを選んで購入し、メットの金具も一式購入。ついでにストラップも新調。家に帰って、早速交換しました。何とか、無事に交換完了。これで、明日の練習に間に合うと一安心・・・。

だけど、このメット自体が18年前に購入したヘルメット。いったい、こんな古いヘルメットで大丈夫なのだろうか??まず新しいヘルメットの購入が必要かもなぁ・・・。

続きを読む

GX200とLX3のどっちにする??

GX200とLX3

今まで普段の持ち歩き用のコンデジとしてCASIO EXILM EX-X1050を愛用していたのですが、先日旅行に行った際に、壊れてしまいました。1万円で購入したお買い得デジカメですが、なんだかんだとこの2年間近く大活躍していました。

その最期はというと、相当の衝撃が加わらないと割れなさそうな液晶の破損。バッグに入った状態でみんなの荷物に押しつぶされ、鋭角な何かが液晶面に当たってたんでしょうね。もう液晶に表示されているものは何も見ることができないくらい破損しました。修理に出すことも考えたのですが、液晶を治すとなると少なくとも1万円以上はかかり、購入時の金額より高く払って治すより新しいコンデジを買う方がいいのではないかと、きわめてエコではない選択をすることにしました。

で、ポイント移行等駆使して貯めてきた楽天ポイントが20Kばかし。これに少し足せば相当良いコンデジが買える。ということで、検討を開始。メーカーサイト等を見たりしてふるいにかけて残った機種が、RICOHのGX200とPanasonicのLUMIX LX3。ネットで検索すると、この2機種で悩んでいる方が多いみたいですね。

実はこの最後の2機種に絞られる前に、RICOHのDR DIGITAL IIも候補に入っていたのですが、『単焦点 手ぶれ補正なし』となると、今持っているデジ一のD70に単焦点レンズをつけた場合の棲み分けがはっきりしない。たしかに、ズームはそんなに使わないので単焦点でもいいと言えばいいのですが、デジ一ならズームレンズをつければズームに対応できるが、コンデジは構造上付いてないと対応はできない。あとは、コンデジの魅力は、さくっと使えること。この『さくっと使える』という時に手ぶれ補正は欲しいところ。ぱっと出して、ぱっと撮る。そんなときに必要な機能だと思うんですよね、手ぶれ補正って。なので、DR DIGITAL IIは却下となりました。

あとは、そんなに『さくっと使いたい』なら、もっと安価で便利さを追求したコンデジでいいではないかという話もあるのですが、できればいろいろ考えながらガッツリ使いたいときもあるので、シャッタースピード優先や絞り優先の機能は欲しい。特にメインカメラとしてデジ一を持ってると、普段使っているこの機能がコンデジに付いてないと、物足りなさを覚えるのも事実。ということで、今回はハイエンドのコンデジを検討することにしました。

ということで、こんな感じでふるいにかけて残ったGX200とLX3の比較をしてみました。まずは、インターネットでいろいろ調べてみました。その結果をまとめると、とそれぞれは下記のような評価がされているようです。

GX200
画像はシャープで、空の青さの抜けが良い写真が撮れる。風景などを撮るのに適している。またグリップ感やボタンの操作性がよくユーザーフレンドリー。とはいえ、マニアックな設定が必要でマニア向け。また、室内などの暗いところでの撮影に弱い。

LX3
ISO400まではノイズが出にくく、手ぶれ補正も高性能。室内などの暗いところでも綺麗に撮れる。ただし、機能がありすぎて操作しにくい。ただし、そのまま撮るのであればLX3の方が良いので、マニアでない人でも使える。

まぁ、こんな感じですかね。で、こう書き並べてみるとそれぞれに長所、短所があり、全く性質が異なるコンデジのように感じます。でも、判断している私が素人であるというせいもあるのかもしれませんが、他の機種との比較に比べればそんなに差がないレベル用に思えます。

実際に、両方の機種で撮影した写真が比較しておいてあるサイトも多いので、いろいろ見てみましたが、並べられると、確かにそれぞれ特長があるなぁ・・・と思いつつも別々に撮った写真を見てみると、どちらもいい感じ。少なくとも、今まで使っていたCASIO EXILM EX-X1050に比べれば格段に表現力が上がることはよーくわかりました。

じゃぁ、どっちにするの??ということになるわけで、この二日間、インターネットを検索しまくって調査をしました。いやぁ、GX200とLX3で悩んでいる方、多いですなぁ。それだけ、GX200とLX3の優劣を分ける決定打が少ないって言うことを物語っています。そして、それぞれの機種を購入した大抵の方は、その購入したものを大変気に入っているようです。両方持っているという方もいらっしゃいますが、どちらを優先的に使っているかというのはまちまちです。

となってくると、私はプロではないしこの2機種を私が比較しても差が付かないのではないか・・・という結論に達しました。少なくとも、この2機種は、私が求めている機能は付いているし、それぞれで撮った写真を見る限り満足のいくレベルの写真が撮れそうである(テクニックも関係すると思いますが・・・)と思えます。あとは、カメラ自体のデザインと、そのカメラのイメージで選択するだけですね。愛着が持てるかどうかってこと。

さて、どっちにするべかなぁ・・・。

GX200の楽天での価格比較

LX3の楽天での価格比較

続きを読む

メイン携帯の外装修理

外装修理完了

私のメイン携帯である、Softbank 913SH。先日のiPhone購入により、2年経過しても機種変更しないことが決定しました。

しかし、私の扱いでは1年半も経過するとぼろぼろになってしまいます。すごく雑に扱っているわけではないのですが、同じ時期に購入した嫁様の携帯に比べるとひどい状態。そこで、『あんしん保証パック』の『破損保証サービス』を利用して、3,150円(以前は無料だったとの話・・・)で外装を全交換しました。

修理するために、Softbankショップに持って行ったのが先週の土曜日。そして、修理の完了連絡が木曜日。一週間かからず。なかなか早い対応でしたな。

そんな感じで、今日取りに行ってきました。

おおおっ、生まれ変わったのぉ、おぬし!!

と思わず言ってしまいそうなくらい、ぴかぴかになって帰ってきました。外見は、新品同様。素晴らしいです。つーか、外装は新品なので当たり前か。

とりあえず、このサービスで新品同様(見た目、中身は古い)になったので、このままあと1年は使えそうですな。その頃に、おサイフ携帯に対応した、iPhoneが発売していたら・・・機種変しちゃうかも♪

ちなみに・・・修理に出すときには中のデータがオールリセットされます(個人情報保護の関係らしい・・・)。なので、生活アプリや電話帳のバックアップは事前に行っておいた方がよいですよ。私はその場でやって、えらい時間がかかりました。次やるときは、事前にやっておくよう心に誓いましたわ。待っているお客様も多いし、ある意味顰蹙をかいそう・・・。あっ、もちろん、代替え機を返すときもね。

続きを読む