July, 2010 のアーカイブ

ジーン・ワルツ 海堂尊

ジーン・ワルツ (新潮文庫)
神秘とさえいえる命が産まれる瞬間。そこに人為的な何かが加わる瞬間、それは神秘なのか?

それについてはいろいろな考え方ができる。その行為は神への冒涜なのか?神への手助けなのか?この疑問に対する回答は簡単にできるものではない。

しかし、法律という規制は無情にも白黒を明確にする。さらに、現場の実状を考えずに決めたとしか思えない規則も数多くある。これらにどう闘ったら良いのだろうか?

医学とは?医療とは?この両方を熟知した筆者が代理母出産というテーマを取り上げて現在の医療制度に対して問題を提起をしている作品。

医療に興味があれば特に面白いと思えるだろう。しかし、中盤でだいたい結末が予想できる上、読み終わってもその予想を裏切らない。ミステリーではないのでそこまで期待をしてはいけないのだろうが、少し残念さが残った。

続きを読む

砂漠 伊坂幸太郎

砂漠 (新潮文庫)

学生の青春小説というのは今まで読んだ事がないジャンル。読んでみるとなかなか面白く、気づいたらどんどん書の中に引き込まれていった。

この本の最後に主人公のクラスメイトが言う。本当はお前らみたいなやつらと仲間になりたかったんだ、と。何かこの言葉がすごく印象に残った。

主人公が鳥瞰的な視点を持った青年、いわゆる冷めたやつというのが面白い。その視点で進む物語を、独特の文体が面白さをさらに引き上げる。

気楽に読めて、いろいろな意味で楽しめる本である。

続きを読む

永遠の0 百田尚樹

永遠の0 (講談社文庫)

泣いた。素直に泣いた。それも、飛行機の中で。

その時座っていたのは窓側で、よりによって熊本に向かう飛行機。隣の席も空いていたが、一つ席を挟んだ隣には他の乗客が座っていた。その人が気づいていたかどうかは定かではない。しかし、スチュワーデスにはしっかり見られていたと思う。

わかっていたが、どうしても流れ出る涙を止める事が出来なかった。唯一成功したのが、嗚咽を止める事。今から考えると、家で読んで思いっきり泣いてしまっても良かったのではないかとも思う。それだけ気持ちよく泣く事ができた。

本の内容はというと、現代の弁護士を目指す青年が勉強に行き詰まった時、
自分の本当の祖父が特攻隊員であった事を知る。その情報を持ってきたライターの姉からの依頼で、退屈しのぎにどのような祖父だったのかを調べるというもの。彼はいろいろな人から祖父の話を聞いていくなかで、ある疑問が生まれる。

帝国軍人でありながら、禁句と言われた『死にたくない』という言葉を公然と発しながらも最期は特攻してその尊い命を散らす。なぜ祖父は『死にたくない』と言い、それでも特攻して死ぬ運命にあったのか。

彼はいろいろな人に会い話を聞いていくなかで、その真実に次第に気づいていくというもの。読者である私もその真実を垣間見た時から涙が止まらなかった。

主人公の青年も戦争は経験していない。もちろん、私も戦争は経験していない。だからこそ、この本は読むべきだと思う。それだけリアルに感じ、戦争に関わった人たちの想いが伝わってくる、いや、戦争体験者の本当の想いのうちのほんの少しなのだろうが、伝わってきたような気がする。

表現、構成、どれをとっても素晴らしい本だった。百田尚樹に完敗ですな。

続きを読む

大戸屋で遅い昼飯

100720_160355.jpg

今日は朝の10時からくだら・・・いやいや、大事なミーティングや打ち合わせが5件ほど続き、やっとのことで昼飯にありついたのが夕方4時を過ぎてから。

一人なのでどこに行こうか迷ったあげく、丸の内にも大戸屋があることを知ったので入ることに。

めちゃくちゃ腹が減ってたので、チキンソースカツ丼(大盛り)に板うどんのセットをオーダー。ボリュームたっぷりで、780円とは安い。基本高めの丸の内では良い店かも。

ただ、ピーク時に来たら混むんだろうなあ。

続きを読む

東京島 桐野夏生

東京島 (新潮文庫)

会社の同僚が本を良く読む。その影響で、自分の中の本の虫が疼いてまず買ったのがこの本。

ベストセラー棚に積まれていたので、正直、好きなタイプの内容ではないが買ってしまった。でも、せっかく買ったので何とか読破。

そもそも、この話は実話に基づいて書かれている話。その実話は『アナタハン島事件』。詳しいことは調べればすぐわかるので割愛。

内容は、遭難してたどり着いた無人島における人間ドラマ。無人島にたどり着いた大勢の中には女性が一人。そのとき、どのようなことが起こるのか?

人間が集まることによって生まれる秩序、渦巻く欲望と人間不信からの猜疑。本来は触れたくない人間の一面を描いた作品。

正直、この中での表現には度肝を抜かれた感がある。内容が面白いというより、多種多様な人の内面をうまく表現しているところに凄さを感じた。

この文章表現を楽しむのもこの本の楽しみ方の一つかもしれない。

で、この物語、今年の夏に映画公開される。キャストをみて、この本のどろどろした雰囲気をどうやって出すのか興味はある。

内容、結末は一緒でも、受ける感じは全く違う物語になってしまうのではと考えるのは私だけだろうか?

映画東京島 公式サイト

どうやら、この本の登場人物、ワタナベのツイッターがあるらしい。
※ワタナベがツイッターですか・・・違和感ありまくり・・・

ワタナベ@東京島

続きを読む

ローストチキン グレービーソース付

土曜日の夜は、少し遅れた自分の誕生日ディナー。で、メニューは昨年と同様にローストチキン。実は、今年こそはローストビーフにチャレンジしようかと考えていたのだが、ちょうど良い肉が入手できなかったので目についた丸鶏を購入しローストチキンに方向を修正。

とはいえ今回はオーブンを新調してから初のローストチキン。うまくいくかちょっと心配だったが、表面パリパリ、肉はふわふわジューシーに作れて満足。

【材料】
丸鶏 1羽
人参 1本
玉ねぎ 1個
塩 適量
コショウ 適量
バター 20g(10g片×2)
オリーブオイル 適量

ご飯 1合
マッシュルーム 2個
パセリ 1~2本
塩 適量
コショウ 適量

水 200cc
マギーブイヨン 1/2個
片栗粉 大1

【作り方】

①フライパンに油をしいてご飯を炒める。

②薄切りにしたマッシュルームとパセリのみじん切りを入れて塩、コショウで味付けをして混ぜる。塩コショウの味付けは薄めに(チキンの味が染みこむので薄めにする)。

③②のご飯を丸鶏の腹に詰め、たこ糸でしっかり縛ってこぼれてこないようにする。

④オーブンに入れる鉄板に、人参とタマネギのスライスしたものを敷き詰める。これがあると、チキンが鉄板にこびりつかない。それと、後で作るグレービーソースの元になる。

⑤形が崩れないように手足をたこ糸で縛ったチキンを鉄板に乗せ、オリーブオイルを全体に振りかける。そして、塩コショウを振りかけ、しっかりとすり込む。

⑥腹を上向きにして、ももと腹の間にバターを挟み、余熱ありの250℃で熱したオーブンに入れ、70分間焼く(うちのオーブンの場合)。20分おきに中を確かめ、チキンの表面が焦げないように注意する。もし、途中で表面が程よく焼けていてそのままおいておくと焦げそうな場合は、温度を200℃に下げて焼くようにする。

⑦チキンに串をさし、透明な血の混じっていない脂が出てきたら中まで焼けている証拠。鉄板ごとチキンを取り出し、チキンは別に取り置き人参とタマネギを含めて全部鍋に移す。

⑧鍋に移した人参、タマネギ、そして、チキンの脂を色づくまで炒める。程よく炒めたら、火を止めて水を200cc、マギーブイヨン、片栗粉を入れてしっかりと混ぜる。

⑨混ぜたらまた火をつけ、とろとろ感が出てきたところでザル等で⑧を絞る。絞ったスープの味を見て、必要に応じて塩等で味を整える。これでグレービーソースが完成。

⑩取り置いていたチキンの肉汁が落ち着いてきた頃に皿に盛り完成。

今まではグレービーソースなしで食べていたのだが、今回はグレービーソースを作ってみた。意外と簡単で、しかも美味しい。ローストチキンではグレービーソースをあまり作らないかもしれないが、おすすめである。

続きを読む

DOUGLAS CP-25

とうとう買ってしまった。

昨シーズンの終盤、新しいヘルメットを購入したのだが、やっぱりショルダーも新しいものを購入。新しいショルダーを買ったその理由は、前から使ってきたショルダーが割れてしまったから。

前のショルダーは、大学一年の時に買ったものだから、20年前に購入したもの。まあ、寿命って言ったら、寿命ではある。

しかし、道具ってのもすごいですな。20年も経ってしまうと、軽さ、フィット感、動きやすさ・・・どれとっても素晴らしい。

一応、LB、FB、TE用ということなのだが、店員さんと相談したらラインでも十分に使えるとのこと。むしろ、これらの軽くて動きやすいショルダーの方がラインでも人気だとか。そんなところで、ラインの私としてはこれでもいいのかと。むしろ、DEをやるならこれの方がいいのかもしれない。もちろん、RBをまたやることもあるだろうし(?)。

で、このショルダーを買ってくれたのが、嫁様。今年の誕生日プレゼントということで。感謝、感謝でございます。

ということで、来週は熊本遠征!!ぎんなんボウルに出場予定!!

楽しみだなぁ♪

詳細は対戦相手の熊本マーベリックスさんのホームページに。

続きを読む

ブログデザインを変更

以前から、このブログのデザインをいい加減変更したいと考えていたのだが、なかなか着手できていない。

とはいえ、一気に全部変更すると大変だし、途中で挫折する可能性もあるので、少しずつデザイン変更をしていくことにした。

ということで、今日はタイトル周りと、ボックスのレイアウトを少し変更。少しすっきりしてみやすくなったかな?(気のせい?)

まぁ、ゆっくりと少しずつデザインを変更していきますかね~。

続きを読む